ホワイトデーに向けて、彼女へのサプライズを練っているあなたへ

広告




ホワイトデーに向けて、彼女へのサプライズを
練っているあなたへ。

今回は、ホワイトデーの素敵なサプライズ
エピソードをご紹介します。

サプライズをもう一捻りしたい…インパクトが
足りない…と悩んでいる方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

また、後半では彼女があまり嬉しくないサプライズも
ご紹介しますので、注意点やコツもあわせて
チェックしてみましょう。

20代の彼女が喜ぶ!ホワイトデー
サプライズ体験談

20代前半の彼女にとって、バレンタイン・
ホワイトデーは一大イベント。

サプライズ体験談から、アイデアやヒントを
拾ってみてくださいね。

体験談①部屋いっぱいの風船&
可愛いケーキ!

バレンタインデーに手作りケーキをくれた彼女に、
ホワイトデーはサプライズを計画。

場所は自分の一人暮らしの家でした。
百均で風船を買ってきてひたすら膨らまし、部屋
いっぱいに埋めました。百均の風船は安くて
種類が豊富なので、おすすめです。

そして、小さめのフルーツタルトを用意して、
それをプレゼントだと思わせる作戦。
サプライズでは、カモフラージュが大事だと
聞きました。「これがプレゼントなのかな」
と思わせるのがコツらしいです。

部屋に来た彼女はとても喜んでいて、
フルーツタルトと風船でもう大はしゃぎ。
完全にこれがサプライズだと思っている
様子でした。

そして、二人で写真を撮っている間に、
欲しがっていたアクセサリーがスマホ画面に登場。
ポケットに忍ばせておいて、撮っている間に
出したのです。自撮りしながら「えっ?」と
驚く彼女の顔が、とても可愛かったです!

ちょっと奮発しましたが、社会人になった
男らしさも見せたかったので、盛大なサプライズに。
泣くほど喜んでくれたので、がんばった甲斐が
ありました。

(22歳・男性)

体験談②雰囲気の良いカジュアルバーで、
渡された1通の手紙

バレンタインデーのお返しにディナーをご馳走する、
と彼に言われ、ホワイトデーはおしゃれな
イタリアンレストランに行きました。
そのあとは行きたいバーがあるとのことで、
雰囲気の良いカジュアルバーに。いつもは
気楽な居酒屋だったので、ちょっぴり
緊張しました。

落ち着いた空間で美味しいお酒を飲んで、
大満足だったのですが、帰り際に
「これ、あとで読んでね」と手紙を
渡されました。

ディナーと手紙のプレゼントなんて最高!
と感動しつつ帰宅。手紙を開けてみると、
感謝のメッセージとともに、最後に
ディズニーランドのチケットが。

手紙だけでも十分だったのに、まさかそんな
サプライズが待っているとは思っても
いませんでした。
急いで彼に電話をして、行く日程を決めました。
ホワイトデーだけで終わらないプレゼント、
最高です。

(24歳・女性)

 

体験談③いつもは無口な彼が、
花束を持って…

僕は社会人で、彼女は大学生。いつも無口で
愛情表現が足りないと言われるので、
ホワイトデーにサプライズをすることに。

もともとケーキ作りが趣味なので、彼女が好きな
イチゴのケーキを作りました。ただ、それだと
特別感が足りないかなと思い、花屋へ。

花束を買うのは初めてだったんですが、予算と
色のイメージを伝えただけで、テキパキと
作ってくれて感動しました。
ホワイトデーだったのもあり、男性客もいて
恥ずかしさはあまりありませんでしたね。

昼まで大学の授業があると彼女から聞いていたので、
車で大学の前まで迎えに。せっかくの素敵な花束を
早く渡したくて、会った瞬間出したら泣き出して
しまいました。

後から聞いた話だと、お姫様気分になれて

嬉しかったそうです。無口でも、行動で愛情を
示してくれればいいんだと笑ってくれました。

無事、手作りケーキも喜んでくれて、僕も彼女も
大満足のホワイトデーでした。

(25歳・男性)

20代の彼女が喜ぶ!ホワイトデー
サプライズの注意点

素敵なホワイトデーサプライズ体験談の一方で、
彼女があまり嬉しくないサプライズもあります。

3つの注意点と、サプライズのコツを解説しますね。

突然のデートプラン変更はNG

まずサプライズの1つ目の注意点は、
デートプランを変更しないこと。

たとえば「これから温泉に行こう!」
「これからテーマパークに行こう!」という
サプライズを、当日にしてはいけない
ということです。

女性はデートプランに合わせて服や靴を選んだり、
髪型を考えたりしています。プランは大まかでも
事前に言っておくことが、彼女のためになりますよ。

アクセサリーは一緒に選ぼう

ホワイトデーサプライズの2つ目の注意点ですが、
アクセサリーは一緒に選ぶのが安全です。

ずっと欲しがっていた具体的なアクセサリーが
あれば確実ですが、そうでなければやめておいた方が
いいでしょう。

アクセサリーは、
ゴールド・シルバー・ピンクゴールドなど、女性に
よって好みが分かれやすいのです。
せっかくプレゼントしたのに、気に入って
もらえないと悲しいですからね。

大袈裟すぎる演出はしない

サプライズは盛大にやってこそ成功しやすいとは
思いますが、あまりに大袈裟にやりすぎてしまうと、
今後のハードルが高くなってしまうので要注意です。

期待されすぎてしまってプレッシャーになりますし、
彼女もお返しにサプライズをしなきゃいけないかな?
と考えてしまうかもしれません。

二人で過ごす初めてのホワイトデーや、社会人になって
初めてのホワイトデーなら、しっかりサプライズしても
いいでしょう。

【まとめ】ホワイトデーサプライズで
彼女のハートを掴もう!

ホワイトデーサプライズは、なかなか準備が大変ですが、
成功したときの感動はたまりません。

ぜひ彼女に喜んでもらえるサプライズにしてくださいね!

広告