ホワイトデーの返事がなかったら脈なし?返事がない男性の心理

広告




 女性にとって思いを告げたバレンタインデーの次に大事なイベント、ホワイトデーですが男性から返事をもらえない方もいるでしょう。
 返事をもらえなかった、お返しがなかった方の場合まずはショックを感じますが、その際に一番気になるのは脈があるのか無いのかですよね。
脈があるのか、無いのか、もしくはある場合はもやもやして中々落ち着けないでしょう。
 しかし自分からもう一度告白、あるいは返事を伺う、その様な行為も中々難しいですよね。
 特に片思いの相手の場合は伺う等の行為は勇気がいるだけでなく、今後の関係にも多大に影響してしまう可能性もありますね。
 そこで今回はホワイトデーに返事、もしくはお返しがもらえなかった際の脈ありか無しについて、そしてその様なときの男性の心理について見ていきましょう。

ホワイトデーのお返しがなかった場合

 まず最初にホワイトデーにお返しがなかった場合、本当に脈がないのかどうかについて見ていきましょう。
 といっても殆どの女性の場合、ホワイトデーにお返しがないと脈がないと思ってしまいますよね。
 しかし実はそうでも無いことも多く、相手の男性の勘違いや女性側の不手際が関係している場合があります。
 例えば女性側が男性にチョコを渡した際しっかり本命チョコと伝えていない、このような場面がありませんか。
 そのため女性側は本命で用意して渡したにも関わらず、男性側が本命ではないと思い優先度を下げている事例も良くあるパターンの1つです。

しっかりと告白していない、遠回しな告白の方は要注意

 もし自分がバレンタインで直接告白していない、もしくは手紙やメッセージなどで思いを伝えていない方の場合は要注意ですね。
 自分はしっかり告白したけど、と思う方も一度告白の内容を見直してみてはいかがでしょうか。
 遠回しな告白になっていた場合、鈍感な男性の場合全く気づいていない可能性もあるでしょう。
 そしてお返しや返事をしない男性の心理についてですが、一部代表的な物があるのでご紹介します。
 まず1つ目、それは今書いたように女性の行為に気づいていないパターンですね。
 鈍感な男性、もしくは自分が遠回しに告白をしたと思う方の場合はこのパターンに入るかもしれません。
 2つ目のパターン、それは何を贈ればいいか解らない、変な物を渡して嫌われたくないと思う男性のパターンですね。
 しかし2つ目のパターンはホワイトデー当日、ないしは数日後には男性から何らかのアクションがあるでしょう。
 そのためお返しが無い場合でもまだ猶予があるかもしれません。

ストレートに告白しても返事がない場合

 そして2つ目の返事がなかった場合について見ていきましょう。
自分はしっかりと異性として好きだと告白したにも関わらず返事がない場合、残念ながら脈なしの場合が多いです。
 特にお返しも返事も両方無い、もしくは義理を貰った人と何もお返しが変わらない場合などは特に脈なしの気配が強まります。
 そのため完全にお返しを忘れられている等の場合、例えバレンタインデーのお返しがほしいと聞いても相手にならないでしょう。

脈なしの場合、しっかりとあきらめることが大事

 更にこの様な男性の場合、女性の返答を一時的に保留し自分の本命のサブにする可能性もあります。
 自分が気持ちを込めても相手が台無しにする、この様な行為をされては折角のときめきも完全になくなるでしょう。
 中には他の義理チョコ等に返すにも関わらず、自分に返してくれないパターンもあります。
 この場合も殆どが脈無しの為、潔くあきらめるほかありませんね。

この様に男性の心理、もしくは脈ありか無しかについてですが、一番大事なポイントは自分がどれだけ気持ちを伝えたか、この点につきるでしょう。

★ 自分がしっかりと告白をしているか
★ 相手の返事はあるか、また遅れてきた場合はその背後に注意

この2点に気を付けて脈があるか無いかを調べる必要があるでしょう。
勇気を振り絞った告白、結ばれることを祈りたいですね。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です