女の子に聞いたホワイトデーのお返しで正直嬉しくなかった5つ

広告




ホワイトデーのお返しは様々な方が悩み、そして決断をします。
そして結果的に好印象を残す方がいる一方、当たり前ですが微妙な印象になった、あるいは失敗してしまった方も存在します。
折角の心を込めて送り返すプレゼント、なるべく失敗したくないのは当たり前ですよね。
しかし中々女性はどの様な贈り物を好み、嫌うのか解らない方も多いと思います。
そこで今回は正直女性があまり嬉しくなかったホワイトデーのお返し、もしくは注意点などを5つほどご紹介します。
ホワイトデーの贈り物に悩んでいる方は、是非参考にして下さい。

・お菓子や料理の場合、量にも気をつけましょう

まず1つ目のお返し、それは多すぎるお菓子やグルメです。
確かにおいしいグルメやお菓子などは貰って嬉しいものですが、量が余りにも多すぎると残った料理やお菓子はすべて無駄になってしまいます。
貰った女性の側としても貰った以上何とかして食べるべきと自負してしまいますし、余ってしまった場合は処理に手間がかかってしまいますよね。

・・定番のケーキ、チョコなどの量が多いとマイナスイメージになりかねません

特にお菓子のお返しで定番のケーキやチョコなどの場合、量が多い、サイズが大きいと渡す側は自己満足になるかもしれませんが貰う側としては非常に困ってしまいます。
食料品の場合女性ならではの悩み、例えば体重なども考慮して選ぶことが重要ですね。

・一見喜ぶと思われがちなアクセサリー

次に2つ目の嬉しくないお返し、それはアクセサリー類になります。
と言ってもすべてのアクセサリーがだめなわけではなく、特にダサい、センスがないアクセサリーなどが該当します。

・・女性と男性の目線の違いをしっかりと把握しましょう

特に男性の場合、自分がよい、もしくはおもしろいと思ったアクセサリーを女性に贈る傾向が多々あります。
この様な自己満足でのお返しの場合、女性に良い印象どころか悪い印象を与えてしまうでしょう。
もし今アクセサリー類を選ぼうと思っている場合、買う時には店員さんなどに確認を取ることが重要ですね。

・相手の好みを把握していない食料品はNG

そして3つ目、それは1つ目にも通じますが自分の口に合わないお菓子やグルメなどが挙げられます。
例えばお酒が苦手な方にワインやウィスキーを使ったお菓子などは誰でも良くないと解りますよね。

・・本場=良いものとは限りません

また本場=良いものと思って紅茶やお菓子などをわざわざ取り寄せる方もいますが、それが必ずしも日本人の口に合うとはいえません。
他にも高いお菓子は美味しいと思っている方もいるかもしれませんが、それも人の好みによりますよね。
この様なことを防ぐためにも、相手の好き嫌いをしっかり把握することが重要でしょう。

・高価すぎるもの

4つ目の女性があまり嬉しくないお返し、それは非常に高価なものです。
やはり現金な話ではありますが、高い物を渡した方が女性が喜ぶと思っている方は多いのではないでしょうか。
この様な観点からとりあえず高価なものを贈る、これはあまり良い印象を与えないでしょう。

・・今後の関係を考えて贈りましょう

というのもあまりにも高価な物の場合、後に引いてしまいます。
異性として互いに意識しだした、その様な場合にいきなり結婚指輪並のアクセサリーを持ってこられても困りませんか。
安すぎず、高すぎない価格帯を見極めましょう。

・定番どころでもある花束

最後に5つ目の良くある嬉しくないお返し、それは花束です。

・・相手の労力を考慮しましょう

しかし花束と言っても、嬉しくないと言われるのは大きな鉢植えにはいている場合など、持ち運びや置いておく場所に困る物が該当します。
花や植物が非常に好きな方の場合は嬉しいかもしれませんが、一般の方の場合想像しただけでも少し困りますよね。

以上、5つの女性が嬉しくないお返しをご紹介しましたがいかがでしょうか。

★多すぎる、口に合わない料理やお菓子
★ダサい、お洒落じゃないアクセサリー
★高価すぎるもの
★無駄に大きい、重い花束

もし当てはまる、ないし考えていたものと被っていたと思った場合はもう一度良く考え直してみましょう。
特に自分がよいと思ったもの=相手が喜ぶもの、この様な考えは絶対にしては行けません。
自分の自己満足ではなく、相手が喜ぶ物を贈ってこそホワイトデーのお返しといえるでしょう。
相手の気持ちをしっかりと考え、思いやることが1番重要ですね。

広告