結婚に関心のある女性のバレンタイン事情について

広告




ブランドのオシャレで美味しいチョコが店頭に並ぶバレンタイン。
友達同士交換したり、自分のご褒美に購入する方も多くなりました。
でも結婚を視野に入れたバレンタインなら、ちょっと事情が変わってきます。
ブランドのチョコにしますか?それとも手作り?

チョコに添えるバレンタインのプレゼンはどうしたらよいのでしょう?
好感度を上げるチャンスはここにあります。

バレンタインのチョコは誰にあげる?

ここ近年のバレンタインは、愛の告白というより「女子の美味しいチョコ祭り!」化しています。
友達同士で贈り合う「友チョコ」もすっかり定着しています。
女の子同士でチョコ売り場にいても、一人で美味しそうなところをチョイスしていても全然イタくありません。
でも、結婚に関心がある女子にとってバレンタインは真剣な勝負どころ。
購入するならセンスが良い物を。
手作りするなら凝っているようで失敗のないレシピを。
誰にあげるかでチョコの選定はかなり変わってきます。
加えてバレンタインのプレゼントを添えるとしたら、「自分への思いやりのあるプレゼントだ」とか「これが欲しかった!」とか意中の相手に思ってもらえるようなものを探したいところです。
ここまでくると、すでに友チョコからかなりレベルが高い悩みになってきます。

バレンタインはオシャレで美味しいチョコがいっぱい

バレンタインは冬で気温が低いため、チョコの流通がしやすく、ブランドのチョコも特に力を入れて生産しています。
普通ではお目にかかれないようなチョコもあるので、お値段のほうも幅が広くなります。
金額的には職場の「義理チョコ」が1000円未満であるとしたら、本命の人には1000~10000円というところです。

高級チョコレートを購入する前に、さりげなく事前調査しましょう。
・甘い物は苦手か
・ホワイトチョコやビターチョコなど好みがあるか
・ナッツやドライフルーツなど入っていて大丈夫か
・アレルギーがないか(チョコにはナッツや乳製品小麦など使われていることがあります)

上記を確認したら、あとはチョコメーカーブランドを探しましょう。
わりと老舗が好まれたりするようです。
・ピエールマルコリーニ(ベルギー・5000円前後でアソート有)
・ジャンポールエヴァン(フランス・ショコラティエ大会で賞を獲得した世界トップクラス)
・ラメゾンデュショコラ(フランス・果肉やナッツ入りなどフレーバーチョコで有名)
・ヴィタメール(ベルギー・ベルギー王室御用達で2号店は日本にある)

その他、上質チョコブランドとしては一般的に有名なゴディバや、マカロンで有名なダロワイヨもおススメです。

本命にあげるなら手作り?

昔、バブルが崩壊する前は「本命にチョコをあげるなら手作り」と言われていました。
景気がよく美味しいチョコがあふれていた頃です。
自分をよりよく印象付けるに、はオリジナリティある「手作り」が一番だったのです。
この世に二つとない、一番好きな人に捧げるチョコ!

しかし、これも必ずしもレシピの写真通りに作れるとは限りません。
さらに「手作りって重い」と思われてしまったら本末転倒です。

結局、市販品購入が良いのか?手作りが良いのか?という究極の二択になるのです。
ところが、当の男性からすると「手作りが良い」という男性の主語には、「付き合っている人」というのがつくというのです。
つまり「付き合っている相手からもらうバレンタインは、手作りが嬉しい」ということになります。

逆にあまり普段接触がない相手からのいきなりの手作りは困惑してしまうそうです。
肝心なのは「どんな相手(どんな距離感の相手)からもらうのか」ということと「告白」の内容なのです。

結婚を視野に入れての距離であれば「手作り」で、まだあまり距離を縮めていない場合は「市販品」にして告白の内容に力を入れましょう。
結婚を視野に入れているのであれば、良く出来た手作りチョコはキッチンに立つ彼女を彼に想像させるでしょう。
プラス、チョコに添えるバレンタインのプレゼントがあればパーフェクトです。

参考COOKPAD 簡単生チョコケーキ
COOKPAD 簡単生チョコケーキ

実はお菓子作りが超苦手な方には・・・
参考COOKPAD 簡単トリュフ
COOKPAD 簡単トリュフ

チョコ以外にバレンタインのプレゼントを添える?

バレンタインのチョコにプレゼントを添えるのは、カップルや夫婦の場合が多いようです。

結婚を意識してのバレンタインであれば、なおさらプレゼントは必須ですね。

実はチョコだけでなくプレゼントを添えるようになったのは、男性が甘党でない場合、チョコが苦手な場合などのケースが多かったことからだと言われています。

好きだと言う気持ちにプラス感謝も込めて、プレゼントにチョコを添えるという本来の逆パターンになるので、チョコはもちろんですがプレゼントの内容には力が入ります。

さて、どのようなプレゼントを彼は喜んでくれるのでしょうか。

男性は実はプレゼントも待っている

女性からすればメインは「チョコ」で、プレゼントは「チョコに添える」ものでしたが、実は男性はプレゼントも待っています。

この男性が待っているプレゼントというのは、特別高価なものでなくてもよく、手作りを期待しているわけでもありません。
極端なものでいえば、メッセージカードや手紙でも良いのです。

そこに大好きな彼女の温か味や気持ちが反映されていれば、素晴らしいプレゼントなのです。
たまに「プレゼントはこれがいい」とリクエストされてしまうこともあるでしょうが・・。

最近は以前のように二人で会えないことが多かったりするので、オシャレなメッセージカードも合せて売れているそうです。

バレンタインのプレゼントは何が良いか

バレンタインのプレゼントは、基本的に彼が好きなものであればOKではないでしょうか。

食べ物であれば好き嫌いやアレルギーを考えたり、ネクタイなどは本当にネクタイが必要な仕事なのかくらいはチェックしておきたいところです。

プレゼントランキングなどネットなどで検索すると出てきますが、基本は彼を観察するところから始めましょう!

参考までのバレンタインのプレゼント
・お酒(ワインやシャンパン)
・スイーツ(甘党の彼に)
・財布、パスケース、キーケース・名刺入れ
・ネクタイ・腕時計(好みがハッキリ出てくるところです)
・靴下・ボクサーパンツ
・お泊り旅行(一緒に行こう!と誘えます)
・マフラー・セーター(定番です。ついでにスマホをいじれる手袋)
・日用品

男性に負担にならないバレンタインのプレゼント

バレンタインにプレゼントを贈ることで彼の気持ちに負担になることはあるのでしょうか。
男性側からすると、バレンタインから一か月後のホワイトデーにお返しをするところが頭に浮かぶそうです。
それより先に、受け取った瞬間「うわ、高そう。悪いなぁ」と引いてしまう場合もあるといいます。
二人の関係の深さにもよるので、お互いの距離感をみながらのプレゼント選びになります。

予算からすると、1000~10000円前後ということで、平均して7000円くらいのようです。
1000円以下だと、安くて気が利いたものや、彼が実用的に欲しかったものがピンと頭に浮かべば素晴らしいです。経済観念もアピールできるかもしれません。

しかしどうしても「せっかくのバレンタインだから」と、少し奮発してしまいます。
男性側からすると、あまり高価なものだと「お返しはどうしたらよいのか」と悩むことにつながるので、ほどほどのところが良いようです。

もらって戸惑うバレンタインのプレゼント例

もらって戸惑う、または困ったというバレンタインのプレゼントもチェックしましょう。
これが「もらって嬉しいプレゼント」とかぶる場合があるのは、やはり「相手次第」というところなのでしょう。

・手編みのセーターやマフラー
・美味しくない手作りスイーツや大きすぎるケーキなど
・コート
・お酒(飲めない人もいます)
・趣味が全く合わない日用品(ネクタイ等含め)
・手料理(手作り弁当など)

本当に喜んでもらうには、相手の好みなどをよく知っておくことは基本です。
お酒がのめるか飲めないか?ネクタイなどの趣味は?
結婚を意識していても、いきなりの手作り弁当というのも、あまりにサプライズ過ぎる場合も時にあります。

プレゼントは、あげる時のドキドキ感を夢見ながら用意しますが、結構難しいものなのです。

結婚を意識するならさりげない気づかいアピール

バレンタインで結婚を意識するアピールがしたい場合。さりげない気づかいなどができるとグッと距離が縮まります。

手作りチョコ

好きな相手が一生懸命作ったものなら、彼は嬉しいものです。
しかし、できれば家庭的な一面や料理できるアピールにさりげなくつなげたいところです。
結婚が具体化しそうな場合は、彼の家族にまでチョコをあげてしまう女性もいます。

彼の趣味に近いバレンタインプレゼント

例えば、普通のチョコではなく、車好きの彼に車の形のチョコと、車内で使える便利グッズとか。
趣味の車の話も聞いてあげることで「自分の理解者」という位置づけがUPします。

チョコを渡すタイミング

お互いが同じ職場の場合は、同僚などの手前さりげなく、でも彼だけこっそり差別化というのもドキドキします。
チョコの包装そのままではなく、彼が持って帰りやすいような袋を用意してあげたりしましょう。

まとめ

結婚に関心がある女性にとって、バレンタインは勝負どころです。
意中の彼との間の距離感によって、チョコもプレゼントも変わってくるので、ただ片思いをしている中高生とはかなりレベルが違うということを念頭におきましょう。

「想い」が「重い」になりがちなバレンタイン。
「結婚してもこの人となら一緒に歩んでいける」と思ってもらえるような気づかいと共に、バレンタインプレゼント選びをしましょう。

広告