バレンタインで30代男性が喜ぶチョコ以外のプレゼント!?

広告




タイトル
バレンタインで30代男性が喜ぶチョコ以外のプレゼント!?

パーマリンク
Valentine003

カテゴリ
思い出

30代男性はバレンタインデーに何を貰うのが一番うれしいのでしょうか。
今回なぜ30代男性にスポットを充てているかいるかというと、30代男性は経済的にも自立している人も多く、自身の確立されたプライベート空間も持っており、女性からすると実は難敵なのではないかと考えられます。
本記事では来るバレンタインデーに備えて、こんなプレゼントは高確率で喜ばれるのでないか?という視点で皆さまにご紹介をさせていただきます。

一筋縄じゃいかない!?30代男性の特徴と手ごわさ解説

昨今では、男女ともに恋愛に対して積極的な人は減少傾向にあり、スマホのマッチングアプリや友人からの紹介などで恋愛を楽しむ人が多いようです。
特徴的な事は仕事場などで直接的に関わる場所での恋愛を避ける傾向が強い事になります。仕事場で恋愛関係に発展させない理由としては、職場内の人間関係や別れた後の事を考えてしまい、面倒な事を避けたいと考える人が多い為でしょう。
そんな奥手で対人関係に少し距離感を感じてしまう現代男女でもバレンタインデーは日々の生活の中で、特別な日であり、プレゼントがもらえる事が確定していない男性でさえ興味津々な1日でもあります。
せっかく勇気を出して、意中の相手に贈るプレゼントなら喜んで欲しいものです。
では何をプレゼントすれば30代男性の心をくすぐる事が出来るのでしょうか。

形に残る物とそうでない物

本記事では、チョコレート以外のプレゼントという前提があります。
ですが、正直なところ余程親密でない限り、手作りのチョコレートが全力で喜ばれる事は少ないでしょう。
小学生が学校であげるバレンタインデーチョコであれば別の話ですが、昨今は男性でもきれい好きや潔癖症の人も多く存在します。
その為、距離感が遠い存在から手作りの食べ物を貰い、バレンタインデーの特別感から半強制で口に入れなくてはいけないという点を考えれば、手作りチョコレートがベストアンサーでないという事は納得がいくのではないでしょうか。
また味覚や味の好みは人それぞれ異なります。相手の事を深く知らずに手作りのチョコレートを振舞う事はリスクが生じてしまうわけです。
そこで30代男性の警戒心を解いて最大限喜んでもらうには、相手がビジネスパーソンである事に着目します。
つまり仕事の日用品であれば喜んでもらえる可能性が高いわけです。
例えば、ボールペンやネクタイピン、カフスなどのワンポイントで使用できるものはプレゼントを受け取った側も使いやすいでしょう。
反対に使用しにくいものは、Yシャツやネクタイなど人の目に触れる露出範囲が広いものです。なぜYシャツやネクタイがダメかというと、個人の趣味や傾向が出やすく、またプレゼントを贈った側に使用していない事が丸わかりになってしまうという気づかいを相手にさせてしまう為です。
プレゼントを贈った相手にストレスを与えてしまっては本末転倒ですので、ひっそりとさりげない贈り物を選ぶと相手は喜んでくれる事間違いありません。また形に残るプレゼントの最大の利点は、食べたら無くなってしまうお菓子などに比べて、誰から貰ったのかという記憶に残りやすい点も挙げられます。

親密度によっての使い分け

プレゼントを贈る意中の相手との距離感は非常に大切です。距離感を間違ってしまうと相手に引かれてしまう可能性があります。
例えば義理チョコのつもりであげたにも関わらず相手に勘違いをさせてしまい好きでもない相手に想いを寄せられてしまうなどです。
相手との距離感は人それぞれですが、自身が思っているよりも遠い存在と考えてプレゼントを贈る事を心掛ければ失敗は少ないでしょう。
余談ではありますが、実はバレンタインデーに意中の相手にチョコレートをプレゼントするという文化はもともとある勘違いから根付いたものだという事はご存じでしょうか?
日本でのバレンタインデーの始まりは神戸の大手洋菓子メーカー・モロゾフの菓子職人であった原邦夫という人物が、外国からの手紙で、バレンタインデーにはチョコレートや花を贈るという外国の文化について書かれた文面を早とちりして、チョコレートという言葉のみに着目してしまった勘違いが発端としています。
その後、日本最古のバレンタインデー広告であるモロゾフの「あなたのバレンタインデー(=愛しい人に)にチョコレートを贈りましょう」というキャッチフレーズを世間に打ち出しているわけです。これだけ現代の日本では習慣化されているバレンタインデーという文化の始まりも人間の勘違いが期限という事はなんとも面白い話ですね。

付き合って間もないカップルが初めて迎えるバレンタインデー

付き合い始めのカップルにとって、初めて迎えるバレンタインデーは特別な思い出になるはずです。
もしもまだ彼の自宅に行ったことが無い場合、バレンタインデーをキッカケに彼の自宅で手料理を振舞って喜んでもらうという話をよく聞きます。
相手のお宅にお邪魔する場合、二人の距離感はより大切になります。
客観的に聞くと彼氏の家で彼女が料理をするというのは、微笑ましい話題なのですが相手が30代の男性の場合、男性側は少なからず相手との結婚を意識する年齢です。その為、女性側は料理以外でも男性側に見られている可能性が高くなります。
料理や普段の生活態度に自信が無い場合は体裁を取り繕える外食などの方がよっぽど安全です。
良かれと思った行動も受け取る相手によっては誤解をあたえてしまう可能性があります。

彼の家に遊びに行った場合のNG項目

最後に一人暮らしの彼氏の家に初めて遊びにいった場合のNG項目をご紹介します。
30代の男性の一人暮らしとなると、家はおそらく彼のパーソナルエリアに近い為、物の配置や生活習慣などはルーティン化されている可能性が高いです。
また30代の男性ともなると社会に出て、しばらく経っている事からある程度の自尊心やこだわりを持っている事でしょう。
その為、初めて彼の自宅に上がる際には、彼女はその部屋についての感想を述べる事がベストアンサーかと感じます。
「キレイに整理してるんだね」、「おしゃれだね」と言われれば、30代男性のプライドはくすぐられるのではないでしょうか。
その為、NG行動は汚いから整理や掃除をするなど、よかれと思った行動となります。
相手のプライベートな領域に踏み込んでいるという認識を持った行動が必須になります。

まとめ

バレンタインデーは意中の人への想いの告白と同時に、日ごろの感謝を込めるというニュアンスも含んでいます。
ゴディバのシェシェン社長も贈る側にとって楽しいバレンタインデーかどうかという事が大切であり、義務的・習慣的ではなくもっと楽しんでもらいたいとコメントしています。
相手に喜んで欲しいという気持ちと適切な距離感とのバランスは難しいものです。
本記事を読んでくださった方が楽しいバレンタインデーを過ごしてもらえる事を願っております。

広告