TOEIC初心者が600点とるための秘訣!経験者がテクニック紹介

広告




TOEIC初心者が600点とるためのテクニックと秘訣を紹介します。今回はとある大学生が交換留学に向けてTOEICを勉強していましたが、留学条件である600点をこえることが出来ず悩んいたそうです。

しかし、なんとかあるテクニックを身につけて合格ライン600点を突破したエピソードを紹介します。あなたもTOEIC600点の壁で悩んでいるのであれば、参考にしてください。

TOEIC初心者が600点とる秘訣!テクニック紹介

Brida_staright / Pixabay

私は昔から英語が好きで海外に興味を持っていたので、大学では交換留学をするつもりでした。私の大学で交換留学をするためにはTOEIC600点が最低条件だったので、そのための勉強でした。最初はTOEIC特有の長文や長い試験時間がとても苦痛でした。

今でもなかなか慣れません。

しかし、どうしても留学に行きたい、600点を取らなければいけないという思いで必死に勉強し、なんとか取ることができました。どうしても一人だけの勉強がつらいときは周りの人に頼ったり、アドバイスを求めるのもおすすめです。

600点をとるためのPart別テクニック紹介

lil_foot_ / Pixabay

それぞれのPartにあった対策をすることです。

Part1とPart2については、リスニング音声が流れていない隙に絵や文章を読み取る訓練します。

Part3とPart4は書かれている文章が長いため全ての文を読み取ることはできません。なので登場人物や大まかな流れをつかめるように訓練することが大切です。Part5とPart6は文法問題なので2,3秒で答えを出せるようにします。

Part7はとても文章が長いですが、先に設問を読んでから長文を読むことで時間短縮につながります。これらの方法を効果的に活用するには基礎知識は欠かせません。TOEIC600点だと高校英語までの知識で十分マークできるので、高校の英語の教科書の本文を分析し、シャドーイングしたらいいと思います。

TOEICの勉強をすることは他分野でも役立った?

TOEIC600点は、わざわざ勉強しなくても余裕でとれるという人もいます。でもそうでない人にとっては、まず一つ目の大きな壁だと思います。

TOEICに向けた勉強を始めたのは大学1年の春でしたが、私は早々に一人だけだとどうにもならないことに気づき、他学部でTOEICの勉強を教えている教授にメールを送り、授業に参加させてもらいました。

私からしたら高い壁だった600点を突破できた時は自身にも繋がりますし、今は中国語も勉強していますが他言語の学習の際にもその経験が生かされています。

社会人になってからも必要?

TOEICに関しては年齢など関係ないです。業種問わず現在の日本では英検以上にTOEICの価値はいまだに健在です。

もしあなたが何かしら英語の勉強をスタートしたいと思っているのであるなら、確実に短期間で結果を出すことのできるTOEICがおすすめです。

やったらその分結果が出るのがTOEIC。やっても結果がないのは本当に辛いですが、TOEICは簡単に結果として残すことです。

スコアアップが昇級の条件であるなら絶対にTOEICを受験しましょう。

メリットとデメリット

どの勉強法にも当てはまるかもしれませんが、根気が必要です。Partごとに何度も何度も同じとき方で訓練することは、想像するよりも大変なことです。

ただ、Part1から7まで一気に解くよりは短期集中でできますし、Partごとの点数の伸びも実感しやすくモチベーションのアップにもつなげられると思います。

また、本番直前には通しの演習をしておかないと本番で息切れしてしまう可能性があるため注意が必要です。TOEICの点数に限った話で言うと、戦略ありきで勉強するかどうかは大きなカギとなるはずです。

まとめ

「TOEIC600点を本当に取れるの?」という意味なら、絶対に取れると断言します。もちろん、ちゃんとコツコツと勉強した場合に限りますが。TOEIC600点を所持しているということは英語の基礎ができているということです。

高校の英語の教科書をきちんと本文分析し、シャドーイングができるようになっていれば英語の基礎ができてると言えます。それでも600点取れないのは、あなたがTOEICの戦略を知らないからです。基礎ができていて戦略も抑えていれば、できないことはあり得ません。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です