東京に限らず誰もが知っている隅田川花火大会

広告




東京に限らず誰もが知っている隅田川花火大会

日本の中心である東京では、夏になるとさまざまな花火大会が開催されます。その中でも圧倒的な知名度を誇るのが隅田川花火大会です。テレビで中継されることでも有名です。江戸川区花火大会とともに東京二大花火大会の一角を担っている隅田川花火大会は、まさに東京を代表する花火大会と言っていいでしょう。ここでは、そんな隅田川花火大会についてご紹介していきたいと思います。

隅田川花火大会とは?

隅田川花火大会はその名前からもおわかりになりますように、東京都の隅田川沿いの河川敷で開催される花火大会です。

毎年7月最終土曜日に開催されています。先でも触れましたが、毎年8月に開催される江戸川区花火大会とともに東京二大花火大会のひとつとされており、東京を代表する花火大会となっています。

隅田川花火大会の歴史は古く、起源は江戸時代まで遡ると言われています。
江戸時代、隅田川での船遊びが許された納涼花火解禁期間の始まりの日、いわゆる「両国の川開き」に花火師の鍵屋・玉屋(たまや)が自身の花火を宣伝する目的で大々的に花火を打ち上げたことが現在の隅田川花火大会の起源だとされています。

今でこそ毎年当たり前のように開催されている隅田川花火大会ではありますが、その長い歴史の中で何度かの中断を経験しています。その中で華麗に復活を遂げていると思うと、隅田川花火大会の見方も変わってくるのではないでしょうか?
隅田川花火大会は、その伝統はもちろん、格式も含めて随一の花火大会なのです。

隅田川花火大会の魅力

隅田川花火大会の魅力はやはり花火コンクールでしょう。
両国ゆかりの花火業者7社に加えて、全国花火競技大会などで優秀な成績を収めた3社の合計10社が花火の美しさと技を競うというのが、隅田川花火大会の花火コンクールです。表彰式はコンクール終了後におこなわれます。

花火大会であるのと同時に、花火コンクールというのは花火師たちの戦いでもあります。もちろん、戦いといっても殺伐としたものではありませんし、どちらかというと競演といったほうがいいかもしれません。

それでもそれぞれの花火師の想いがこもった花火を一度にたくさん見られるというのは、とても贅沢なことです。

毎年、新作の花火も見られるようになっていますので、毎年違った花火を楽しむことができます。東京で開催される花火大会としてはもちろん、日本全国で開催される花火大会としても特に豪華な花火大会であると言えるでしょう。

マニア垂涎!隅田川花火大会の穴場スポット

贅沢で豪華な隅田川花火大会だからこそ、写真を撮りたいという方も多いでしょう。
最後にマニアにはたまらない隅田川花火大会の穴場スポットをご紹介しておきたいと思います。
まず挙げられるのが白鬚橋前の土手です。
ご存知の方もいるかもしれませんが、ここにはカメラを構える人が集まります。
純粋に綺麗な花火を残したいという方もいるでしょうが、写真コンテストのために撮影しているという方も少なくありません。

また、東白鬚公園もおすすめです。東白鬚公園はもともと地元の方が隅田川花火大会を楽しむのに使っていたところです。

今は地元の方以外も多くやってくるようになっているのですが、無料でゴザを貸してもらえるらしくそういったところもポイントです。

ただ、場所によって見え方にかなりの差がありますので、いいところを確保したいのであれば早めに足を運んで見え方をチェックしておきたいところです。

さらに、浅草小学校脇にある公園もおすすめです。こちらでは東京スカイツリーと隅田川花火大会の花火のコラボレーションが楽しめるのです。いかにも東京という感じがしますし、いわゆる映える写真もバッチリと撮影できそうです。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です