東京で人気、観客動員数ともにトップクラスの江戸川区花火大会

広告




東京で人気、観客動員数ともにトップクラスの江戸川区花火大会

夏と言えばやはり花火大会です。
花火大会は全国各地で開催されているのですが、やはり東京で開催される花火大会は全国的に知名度の高いものが多い印象です。
その中でも、今回は江戸川区花火大会についてご紹介していきたいと思います。
江戸川区花火大会は東京の数ある花火大会の中でもトップクラスの人気と観客動員数を誇ります。

江戸川区花火大会とは?

江戸川区花火大会は、東京都江戸川区と千葉県市川市にまたがっている江戸川河川敷で開催される花火大会です。

毎年8月第一土曜日に開催されています。
東京都江戸川区と千葉県市川市の共同開催なので、東京都江戸川区のほうでは「江戸川区花火大会」、千葉県市川市のほうでは「市川市民納涼花火大会」と呼ばれているようです。

江戸川区を挟む形で江戸川区側と市川市側にそれぞれ人が集まりますので、かなりの見物客となります。東京の花火大会だと隅田川花火大会も有名だと思うのですが、その隅田川花火大会を抜いて江戸川区花火大会が観客数日本一に輝いたこともあるほどです。

ちなみに、打ち上げ場所となるのは江戸川区側の河川敷です。
そのため、江戸川区側と市川市側であれば、どうしれも江戸川区側に人が集まってきます。

とにかく花火を大迫力で見たいという方が江戸川区側に、花火をゆったり見て楽しみたいという方が市川市側に行くという印象です。

江戸川区花火大会の魅力

江戸川区花火大会の魅力なのですが、まず挙げられるのが1万4000発という国内最大級の総打ち上げ数です。江戸川区花火大会に限ったことではないと思うのですが、花火大会というのはやはり総打ち上げ数によって見ごたえが違ってきます。多ければ多いほど、いろいろな花火を楽しむことができます。

また、江戸川区花火大会というのはただただ花火を打ち上げているわけではありません。エンターテインメントとして楽しませる花火、魅せる花火にこだわっています。オープニングの最初の5秒間には一気に1000発も花火が打ち上がり、その後、テーマに合わせた花火の打ち上げが始まります。

次々とテーマが変わっていき、それぞれ趣の異なる花火がBGMに合わせて打ち上がるのですが、「エキサイティング花火」という名に恥じぬ見どころになっています。オープニングで高まったテンションをさらに高めてくれます。最初から最後まで目を離すことができませんし、何よりも最後まで楽しめるでしょう。

江戸川区花火大会は屋形船がおすすめ!

花火大会というとレジャーシートで場所を確保してそこで楽しんだり、人混みの中で立ったまま楽しんだりというイメージが強いのではないでしょうか?

もちろん、そういった楽しみ方もあるのですが、江戸川区花火大会に関しては屋形船がおすすめです。屋形船からの花火は、大迫力で「日本に生まれてよかった~!」と思えるほどです。
ただ、屋形船はちょっとばかりお高いので注意が必要です。ケースバイケースではあるものの、最低でも2万円はかかるものと考えておいたほうがいいでしょう。お高くはあるのですが、会席料理などが出ることを考えればコストパフォーマンスはそう悪くないはずです。生きている間に一度くらいは屋形船からの花火を見ておきたいものです。

ちなみに、江戸川区花火大会の屋形船の予約というのは1年前からできると言われています。ただし、江戸川区花火大会を屋形船から楽しみたいという方は毎年多いので、すぐに予約が埋まってしまいます。どのタイミングで予約を入れるのかは人それぞれですが、江戸川区花火大会のために確実に屋形船を確保しておきたいのであれば早め早めにアクションを起こしたほうがいいでしょう。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です