バレンタインに告白!ホワイトデーで返事をもらった体験談

広告




私が大学生だった頃、とても大好きだった男性がいました。同じ大学でたまに友達と一緒に話すくらいの関係でしたが、連絡先を交換してからは結構頻繁に連絡も取れるようになっていました。冬になり、バレンタインはどうしようかと思っていましたが、なかなか勇気が出せずに出会ってから最初のバレンタインでは何もすることが出来ませんでした。しかし、その後も結局その恋を諦めきることが出来ず、ずっと片想いを続けていました。そして、二回目の冬に友達の後押しもあって、バレンタインデーに告白することを決めました。告白を決意してからは、友達と一緒に見た目を変える努力をしていきました。まずは美容院に行って髪の毛をキレイにしたり、告白をする日に着るための服を買いに行ったりするなどして、自分の気持ちを高めていったのです。

 バレンタインデー当日はあらかじめ彼と会う約束をしていたので、会ってからすぐにチョコを渡して好きだという気持ちを伝えました。恥ずかしすぎてあまりよく覚えていませんが、とにかくすぐにその場を離れたいという気持ちが強すぎて、思っていたことをきちんと伝えられなかったかもしれません。しかし、チョコを渡すことと告白をするという目標はきちんと果たせたので満足でした。その日の夜に、ありがとうというような内容のメールが来ました。告白の返事についてはまだ何も言われなかったので、それ以上は何も言えずにそのまま時間が過ぎました。その間も少しずつ連絡を取り合っていましたが、告白についての話題にはならなかったので、ホワイトデーまでは待つことにしていました。

 そして、ホワイトデーが近くなってきた頃に、彼にメールでホワイトデーに会いたいというようなことを言われました。私はまた友達に相談して一番可愛い自分を見せられるようにオシャレをしたり、メイクに気合を入れて彼に会いに行きました。彼と会って一緒に食事をしてから外を散歩をしている時に、告白されました。彼も私に好意を持ってくれていたようです。お互いに恥ずかしくて気持ちを伝えられなかったため、そのままでは何も起きずに終わってたかもしれません。私が勇気を出してバレンタインデーに告白をしてよかったです。私はこの経験をしてから、自分から好意を伝えることは恥ずかしいことではなく、後悔しないためにもとても大切なことだと改めて気が付きました。今でも思い出すとキュンキュンするいい思い出を作ることが出来て本当によかったです。

広告