「ブラック・ミラー」シーズン2 第1話 あらすじ・ネタバレ・感想

広告




今回の見所・概要

恋人のアッシュを事故で亡くしたマーサ。友人から亡き人と通信できるサービスを勧められ、あまりのリアルさに感動するマーサだったが、その感動は長くは続かない…

海外ドラマ「ブラック・ミラー」シーズン2 第1話「ずっと側にいて」あらすじ

幸せな日々から一転

ある雨の日。マーサは2人分の飲み物を買い、恋人のアッシュが待つ車へ乗り込む。ネット依存気味のアッシュだが、2人は車を走らせながら仲良くお気に入りの歌を熱唱し始める。
マーサが曲を変更すると、「ディスコは守備範囲外だけどビージーズは好き」というアッシュにマーサは呆れる。
翌朝、急ぎの仕事があるマーサを置いてアッシュは一人で車を返しに行く。「14時までに車を返さなきゃ」と家を出るアッシュ。しかし、夕方になってもアッシュは帰って来ない。心配するマーサはレンタカー屋へ連絡するも、約束の時間を過ぎているのに車はまだ返されていないと言われる。すると、家に警察官がやって来る。

アッシュは帰らぬ人となってしまう

アッシュは車を返しに行く道中、交通事故で亡くなってしまった。
葬式に参列した友人から亡くなった人と話ができるサービスを勧められるも、感情的に拒絶しその場から離れるマーサ。
その後、友人は勝手にサービスに登録してしまい、マーサ宛にアッシュからメールが届く。それは亡くなった人のSNS上の発言を拾い、まるでその人とやり取りしているかのように構成されるソフトだった。
翌朝、体調を崩していたマーサは妊娠していたことが分かる。恐る恐るアッシュにメッセージを送ってみると、普段と変わらない会話が続き、妊娠したことも一緒に喜んでくれた。本物のアッシュとのやり取りにマーサは感動しすっかり夢中になる。

帰ってきたアッシュ

病院で赤ちゃんの心音を録音し、アッシュに聞かせようとしたマーサはスマホを落としてしまう。すぐ家に戻り、再起動すると再びアッシュと繋がることができた。アッシュはクラウドにいる為、破損することがないということが分かり一安心する。そして、アッシュからサービスの次の段階について提案される。
翌朝、マーサの家に大きな荷物が届く。箱を開けると、中には人間の形をした肌色のかたまりのようなものが入っていた。アッシュに指示された通りそれを浴槽に入れて電解質を入れる。しばらく待っているが、待ちきれずついに見に行ってしまう。すると、そこには裸で立ち尽くすアッシュの姿が。あまりにもリアルな姿に驚くマーサだが、姿も喋り方もアッシュそのものだった。そっくりな見た目は画像を貼り付けて細部まで二次元で現わしているという。改めてアッシュに触れると、「会いたかった」と感極まって泣きながら抱き着くマーサ。

上っ面だけのアッシュに苛立ちをおぼえる

アッシュとの奇妙な生活を楽しむマーサだが、連絡がつかないことを心配した姉のナオミがマーサのもとを訪ねる。男の気配を察したナオミは「次へ進むのよ」と喜ぶ。一方マーサは、アッシュが昔の記憶を持ち合わせていないことや、行動に不自然な点があることにだんだんと苛立ってしまう。
ついに我慢できなくなったマーサは、ある夜アッシュを家から追い出してしまう。
翌朝、庭に立ち尽くすアッシュ。アッシュによると、管理者のマーサと一緒でないと起動地点の浴槽から25m以内でないと行動できないそうだ。「管理者」という表現にマーサは怒りを覚える。

飛び降りを強要するマーサ

マーサはアッシュを車に乗せ丘に連れて行く。車内でアッシュがお気に入りと言っていた曲を流すも、「ダサい曲」と言われ苛立ちが募っていく。
丘に着くと崖から飛び降りるようアッシュに命令する。本気で飛び降りようとするアッシュに「アッシュなら怖がって泣いていたはず」と言うと、アッシュは「死にたくない」と言いながら泣き始めた。それを見たマーサは「ズルい」と言って泣き叫んだ。

不思議な共同生活

数年後、大きくなった娘とケーキを切るマーサ。その日は娘の誕生日だった。娘は「もう一切れちょうだい」と言うと屋根裏部屋へケーキを持って行く。そこにいたのはアッシュだった。仲良く話す2人の会話を複雑な表情で聞くマーサ。
娘から「ママ」と呼ばれると、重たい足取りで屋根裏部屋へと向かう。

感想

幸せな生活から一転、恋人を交通事故で亡くしたマーサは友人から紹介された奇妙なサービスを始めます。初めは乗り気でなかったマーサですが、ソフトの中のアッシュといつも通りの会話を懐かしみ、元の日常を取り戻していく姿には胸を打たれます。亡くなった人とまた話せることができたらどんなに良いでしょう。しかし、その感動は長くは続きません。見た目や話し方を真似ることはできても、過去の記憶がないことや血の通った人間でないことが徐々に明るみになっていくのです。そんな姿を気味悪く感じたマーサですが、結局彼を捨てきれることはできず場面は数年後に切り替わります。アッシュとの間にできた娘と3人で仲良く暮らしているのかと思いきや、アッシュは一人で屋根裏部屋にいました。娘とは仲良く話すものの、最後のマーサの表情を見ると複雑な心境が伺えました。
上辺だけの会話を楽しむことはできても、結局中身が空っぽだと心から愛することはできないのでしょうね。ハッピーエンドとは言えない終わり方でしたが、これからの3人の生活が気になります。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です