[AnkerEufyRoboVac11S]2万円で買ってよかったと思えるお掃除ロボット

広告




お掃除を負担に思っている方にオススメなロボット掃除機です。こうしてレビューを書いている間にも自動でお掃除をしてくれるので、毎日の掃除が苦になりません。

ボタンを押せば自動でフローリングの髪の毛や塵を吸い取ってくれます、とても簡単です。

便利なお掃除ロボットAnkerEufyRoboVac11S紹介

ロボット掃除機を試してみたいけど値段が高いから、と迷っている方。予算2万円以内でロボット掃除機をお探しの方にオススメです。

単純に吸引力をお求めであれば普通の掃除機の方がオススメですが、掃除機を持って部屋を行ったり来たりする手間が無くなります。掃除機をどこから出して、それを持ってお掃除をするのはとても大変なことです。軽量な掃除機も増えていますが、ロボット掃除機の利点は自動で床を掃除をしてくれるところです。

食器を洗っている間に向こうでロボットがお掃除をしてくれている、ということができます。家事の時短したい方、家事を負担に思っている方にもおススメです。お掃除はロボットに任せて、空いた時間に好きなことができます。

購入のきっかけ

新居への引っ越しのため、家具家電を一式買い換えることになりました。元々ハンディタイプの掃除機を使っていたのですが、掃除機を持って移動するのが面倒だなと思っていました。ロボット掃除機はCMなどで見て、とても便利だと思ったので今回購入してみたいと思ったことがきっかけです。

価格を確認してみたところ、ロボット掃除機も普通の掃除機と同じく価格は様々でした。2万円以内で買える物、吸引力が強い機体、静音に優れている機体と様々な種類がありました。つまりニーズに合わせて買うことができる、それほどロボット掃除機は普及し始めていたのです。

試しに使ってみたいと思ったのがAnker社から出ている、Eufyシリーズのロボット掃除機でした。価格が手頃で試すには丁度いいと思ったからです、ロボットは高価なイメージがあったので驚きました。

Anker Eufy RoboVac 11Sとは

30センチほどの円盤型のロボット掃除機です。機体の下にプロペラ型のブラシ2つ付いており、それが回転しながら前進します。ブラシが中央にゴミを寄せ、それを吸引する形でお掃除をしてくれます。さらに前方にはセンサーが付いているため、認識した障害物を避けてくれます。

また、もしぶつかってしまってもバンパーがぶつかったことを感知するので自動で方向転換をしてくれます。吸引されたゴミを捨てるのも簡単で、内臓されているケースを取り出し開けて捨てるだけです。音は普通の掃除機とあまり変わらず、特に気になるほどの騒音は出ません。

オート機能はもちろん、部屋の隅が気になる人のためのエッジ機能などがついています。またリモコンから自身で操作することも可能です。充電器に自動で戻ってくれるため、片付ける時間もなくなりお掃除がとても楽になります。

掃除機を収納する場所に困らないですし、掃除機をわざわざ出す手間がなくなったのでこまめに掃除を行えるようになりました。掃除は毎日したいけど掃除機を出すのは面倒と、うだうだする時間もなくなりました。

洗濯を干している間に掃除をしてくれていたり、とても助かっています。ボタンを押すだけの簡単操作なので夫も操作して掃除を手伝ってくれます。特に髪の毛をしっかり吸引してくれるので、吸引し損ねた髪の毛を見ることがなくなりました。気分によってお掃除モードを切り替えることができるので、とても楽です。

掃除機を持って部屋の隅まで歩く必要もないので、とても時短になります。また自動で動いてくれる掃除機を少し愛らしく感じ、普通の掃除機よりもメンテナンスをしています。

ポイント

セールスポイントとしては、他のロボット掃除機よりも価格が安いというところです。ただ安いわけではなく毎日使う上で必要な機能が充実しているところが強いです。オートモードの他にも部屋の隅を重点的に行ってくれるモードや、一つの部屋を集中的に掃除してくれるモードなどが搭載されています。

またマニュアルでの運転も可能なのでリモコンを片手に、自分は動かなくても掃除機が自分の意思の通りに動いてくれます。

それらの機能が搭載されて2万円以下で購入できます、ロボット掃除機を買ったことがない初めての方でも操作しやすい設計となっています。初めてロボット掃除機を買うことを検討している方にはとても強いセールスポイントだと思います。

気になる店

他の家電のコードに引っかかる点が気になります、コードをしっかりしまっていれば問題ないのですが床に置かれているコード類は絡まる可能性があります。有線ケーブルにロボットのタイヤが引っかかり、前へ進めなくなっている状態が実際に起こってしまいました。

特に細いケーブルなどは絡みやすいので、イヤホンのコードや充電ケーブルは注意が必要です。改善点としては床に紐やケーブルなどを放置しない。どうしてもケーブルを置かなければならないのなら、壁沿いにケーブルを固定する必要があります。この改善で今では問題なくロボット掃除機が動いています。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です