[無印のポリエステルパスポートケース]家計簿管理・複数のカード所持に便利

広告




無印のポリエステルパスポートケースがおすすめです。毎月の家計をやりくりするのに、それまでは100均のクリアケースを使用していましたが、食費・雑費・外食費などと分ける項目ごとにケースが必要なので嵩張ってしまって困っていました。

項目ごとに分けるのが面倒で、結局は一つの財布に入れてしまい、どんぶり勘定で計算をしていました。また、結婚し子どもが生まれたことで通帳やカードが増え、それらの整理にも困っていました。

一つの箱の中に収納していたのですが、雑然としてしまっていて、繰越前の通帳を間違えて持っていき、記帳できないなどと言ったトラブルもありました。そんなだらしのない私を見かねて、母がこのパスポートケースを教えてくれたのです。

母も、転勤族の父について全国を引っ越すうちに増えた通帳やカードを管理するために購入したところ、大変使いやすかったようで、私にも教えてくれたのです。

無印のポリエステルパスポートケース

二つ折りの手帳のような形状をしており、中は2つ穴のバインダーでクリアケースが収納されています。両サイドにカードや通帳が収納できる大きさのポケットがついています。
また、チャックが付いているので全体を閉じることができ、中の物の落下を防ぐことができます。

私自身は、二つ所持しており、一つはお金の管理をするために使用しています。
クリアケースの中には項目分けした現金を入れ、ポケットに通帳やキャッシュカードを入れています。

また、バインダーの部分に印鑑ケースをぶら下げています。もう一つは子どもたちの保険証や病院の診察券、お薬手帳を入れて使用しています。

急な病気の時にもサッと病院に持っていけるので便利です。外側に持ち手がついているので、棚に立てておいていても、鞄の中に入れていても取り出しやすいです。チャック部分にキーホルダーを付けて2つのパスポートケースを区別しています。

家計簿の管理・子供との待ち時間に便利

綺麗に分類することができるので、管理しやすく、家計のやりくりがしやすくなりました。
保険証入れとして利用している方には、中に小さなシールブックや折り紙を入れて、病院での待ち時間が長くなりそうな時に備えることができています。

さらに、子どもがいよいよ飽きてきた時には、このパスポートケース自体がおもちゃになります。

カードを出し入れしたりチャックを開け閉めしたりするのが面白いようで、おとなしく待っていてくれます。また、今まで紛失しがちだった領収書の類もクリアケースに収納できているので、確定申告にも備えられています。

どちらのケースも、気持ちよく収納することができるので、だらしがない私でも整理しようという気持ちに慣れたので、今までのように病院に行くたびにお薬手帳を忘れたり、診察券を紛失するということがなくなりました。

無駄な買い物を防ぐことができる

リフィルでクリアケースを増やすことができるので、用途が増えたときには追加することができます。また、クリアケースだけを取り外して持ち歩くこともできるので、嵩張ることもなく、買い物の目的に合わせて必要な費用だけを持ち、その他の費用は持ち歩かないことで無駄買いを防ぐこともできるようになりました。

見た目のデザインについても黒色でシンプルなので、主人が子供を病院に連れて行く際にも持ち歩きやすいと言っていました。ビジネスなど場所や人を選ばないデザインというのも良いです。

マチがついているので、ある程度は厚みが増しても快適に開け閉めすることができるので、カード類やお札だけではなく、小銭を入れることもできます。

持ち運びにむいていない

一般的な長財布よりもひと回り大きいくらいのサイズなので、日常的に持ち歩くには邪魔になるかもしれません。女性用のハンドバッグに入れるには大きすぎると思いますし、私のように小さな子どもがいると荷物を最小限にしたいので、全体を持ち歩くには不向きだと思います。

また、最初から付属しているクリアケースの枚数が少ないので、家計の管理用に使用するのであれば、レフィルを買い足す必要があります。

このパスポートケースそのものも、使用目的のわりに高いので、レフィルを買い足すとなるとトータルで結構な値段になります。コストパフォーマンスとしては、私のように整理が苦手でない人であれば100均の類似品で十分だと思います。

まとめ

主婦、とりわけ子どもがいる方向けだと思います。家族が多いとその分、通帳もカードも保険証も多くなってしまいますので、わかりやすく管理したい人に良い商品だと思います。

誰でもわかりやすく使うことができるので、主人に収納場所の説明をする時にも説明しやすいです。

また、私のように整理整頓が苦手な方にもおすすめです。作りもデザインもシンプルなので、毎回同じ場所に入れるという行為ができなくても、どこに何が入っているのか一目瞭然なので、出し入れしやすいからです。

クリアケースになっているので、中身が見えるし、お札より少し大きいくらいのサイズなので、レシートや領収書も会計時にそのまま仕舞うことができます。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です