[慣れない子育て・できない寝かしつけ]子供に同じ日はない!毎日成長しているのだから

広告




0歳。寝かしつけに本当に苦労しました。新生児の扱いに慣れない私。寝かしつけも下手くそな私。母の抱っこでよく眠る子供姿をみてさらに落ち込む私。子育てとは何だろうか?

ストレスとイライラが募るばかり。なぜ自分だけという気持ちばかりが膨れる。そんな私の気持ちを解消してくれた「きっかけ」がありました。

慣れない子育てにのしかかる寝かしつけのイライラ・私はさらに落ち込む

一子の新生児期は、自身が子育てにまだ慣れていないこともあり、寝かしつけにとにかく苦労しました。産後すぐは里帰りしていたこともあり、昼間の寝かしつけは母が手伝ってくれていましたが、夜間の寝かしつけは一人で行わなければならず、子供が中々泣き止んでくれない時は何がいけないんだろう?と自分も泣きたくなることが多々ありました。

一度抱っこで寝かしつけることに成功しても、床に置くといわゆる背中スイッチが入ってしまい、また起きて泣いてしまうことの繰り返しで、寝かしつけに一時間ほどかかることはよくありました。

オムツを変えてもおっぱいをあげても泣き止まない時は、とにかく根気強く立ちながら抱っこをするしかなかったため、体力的にもきつかったことを覚えています。

また母の抱っこによる寝かしつけではすぐに寝てくれるのに、私では上手くいかなかった時は落ち込んでしまったこともありました

子供は毎日成長しているので同じ日はない

私自身寝かしつけにとても苦労していましたが、子育てアプリの記事や、SNSで同じくらいの月齢のお子さんがいるお母さんの投稿を見てみると、皆さん同じように苦労していることが分かりました。

また子供が泣き止まず中々寝てくれないのは決してお母さんのせいではない、子供は毎日成長しているので同じ日はない、といった記事を読んで気持ちが少し楽になりました。

新生児期は自分のことを責めることが多くありましたが、赤ちゃんは泣くのが仕事だから仕方ないくらいの気持ちで構えていれば、もっと自分の気持ちが楽になっていたかと思います。

また産後1ヶ月ほどで里帰りを終了し、家での育児がスタートした際、ネムリラという電動で揺れるスウィングベッドをレンタルしたのですが、このネムリラが我が子の寝かしつけには良く効いてくれました。

初めて使用した時からすぐに寝てくれたので、実家での今までの苦労はなんだったのかと思ったほどです。自分の体力温存のためにも、そういったベビーグッズにはどんどん頼るべきだと感じました。

ついイライラする気持ちを子供にぶつけてはいけない

自身が子育てに慣れていないうちは、睡眠不足等で体力が削られることもあり、ストレスが溜まりやすい時期だと思います。特に産後すぐの夜間の寝かしつけは、一人きりだと感じてしまうこともあり、上手くいかないことにイライラしてしまうこともあります。しかしそのイライラを決して子供にぶつけてはいけないと強く感じました。

赤ちゃんは泣くことが仕事であり、初めは泣くことでしか伝える手段がないということを分かってはいても、自分に余裕が無いと忘れてしまいがちなので心に留めておく必要があると思います。

また新生児期のうちでも、親のイライラや悲しい感情は子供に伝わっている気がしました。私がイライラしている時よりも、どんと構えてリラックスしている時の方が、子供の寝かしつけに成功したからです。そのため自身の負の感情を見せないことはもちろんですが、親同士の喧嘩なども子供の前では控えるべきだと思います。

SNSで同じ月齢のお母さんの悩みなどを共有

私はSNS(主にインスタグラム)で、同じくらいの月齢のお子さんを育てているお母さんの投稿を見て、同じくらい皆さん苦労されて子育てしているんだなと感じることで元気をもらっていました。同じ月齢の方だと、その時期特有の悩みやあるあるを共有できるのが良かったです。自分だけじゃないんだと感じることが、子育てが上手くいかなかった時のストレスを軽減してくれました。

また子育ての初めのうちに、旦那さんよくコミュニケーションをとっておくことも重要だと思います。

自分のストレスを減らすことは、旦那さんのストレスを減らすことにもつながると思うので、自分が子育てのどういった点に不安を感じているか、どういった所を手伝って欲しいか等、具体的に相談しておくと良いと思います。

私は事前に、オムツ替えとミルクは出来る時はやって欲しいと伝えていたので、夫が自主的に子育てに参加してくれるようになり助かっていました。

子供だけでなく自分も大事にしてください

子育てにおいて一番大変なこと、ストレスを感じてしまう理由は、全てが初めてのことの連続で、正解が分からないことだと思います。そのため子供は毎日成長していて同じ日はない、ということをよく理解しておき、こういう日もあるから仕方ないくらいの気持ちで構えていることが大切だと思います。

自分の子供を想うからこそ、本当にこれでいいのか?と悩んでしまうことが多くあるかと思いますが、親がリラックスして笑顔で接してあげることが子供にとっては一番だと思います。

なので子供のことばかりではなく、自分のことも大事にしながら子育てにあたってほしいです。特に新生児期は体力面、精神面でかなり大変な時期だと思いますが、必ず子育てに慣れてくる時期が来るのでめげずに楽しんでほしいです。

私自身落ち込みやすく、よく悩んでしまう性格なので、細かいことがよく気になってしまう保護者の方に特に伝えたいです。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です