[恋愛のコツはこれだけ]自分がされたら嬉しいことを相手にするだけ

広告




好きな人に自分を知ってもらいたいからと、自分の話を一方的にしても、相手は興味を持ってくれません。相手の話しを聞き、自分との共通点を見つけたり、相手をたてつつ、話しをききます。好きな飲み物や好きなお店、好きな食べ物、色々と聞き、「私も、そのお酒大好きなんです。こんど一緒に飲みにいきませんか?」「そこのお店、行ってみたかったんです。一緒に行きませんか?」「その食べ物、私も好きなんです。気が合いますね!」
などと同調してみる。

相手が仕事で成果を出した話をした時は、「本当にすごいですね!さすがです。仕事ができる人は、本当にかっこいいです」など、ありきたりな言葉で大げさにほめ、相手を持ち上げながら話を聞きます。褒められて、気分を悪くする人は、めったにいません。

相手を持ち上げつつ、同調しながら、自分の話より相手の話を質問をしながら真剣に聞くことで、またこの人に話を聞いてもらいたいなと思ってもらえる。

恋愛のコツ自分がされたら嬉しいこと、されたらいやなことはしない。

上記にも書きましたが、
「私も、そのお酒大好きなんです。こんど一緒に飲みにいきませんか?」
「そこのお店、行ってみたかったんです。一緒に行きませんか?」
「その食べ物、私も好きなんです。気が合いますね!」
などと同調してみる。

相手が仕事で成果を出した話をした時は、「本当にすごいですね!さすがです。仕事ができる人は、本当にかっこいいです」など、ありきたりな言葉で大げさにほめ、相手を持ち上げながら話を聞きます。

褒められて、気分を悪くする人は、めったにいません。相手を持ち上げつつ、同調しながら、自分の話より相手の話を質問をしながら真剣に聞くことで、またこの人に話を聞いてもらいたいなと思ってもらえる。

相手の目をずーと見ると、相手が話しずらいので、たまに目をそらす程度にして話すのが効果的だと思います。コツやテクニックというより、自分がされたら嬉しいこと、されたらいやなことはしない。

自分の意見を言う前に相手の話をきく

相手の話を途中でさえぎらず聞くことによって、相手が誰であろうと、いやな気持をせずに、すっきりと話すことができます。

私は、この経験から、今でも途中で口をはさむことがなくなったので、相手をイラっとさせることがなくなったと思います。

今でも私の周りには、人の話をさえぎって、自分の意見を言う人がいます。自分の意見を言えることは素晴らしいことだと思いますが、相手の話にも耳を傾けることができないと、独りぼっちになってしまうのではないかとおもいます。

人が話をしているときにさえぎる

人が話しているのに、その人の話をさえぎってしゃべる人は、NGだと思います。自分の意見を言いたくても、そこは最後まで相手の話を聞くべきだと思います。

人の悪口を平気で言う人。その人の前では、いい人のふりをして、その人が居なくなると急に悪口をいいだす。こういう人は、自分のことも悪口を言っていると思ったほうがいいと思います。

お店の人に、お客だからといって横柄な態度をとること。人には、上下なんてありません。むしろ、相手に対しての思いやりがあれば、横柄な態度は決して出てこないとおもいます。

お箸の持ち方。大人になっても、きれいなお箸の持ち方ができていない人。一緒に食事をするのが恥ずかしいです。ごはんを、くちゃくちゃ食べる人。食べながら話すと、口の中が見えて気持ち悪いとおもいます。いくら相手の話を真剣に聞いていたとしても、くちゃくちゃ食べていたら、それだけで、もう会いたくない人になります。

相手を立ててあげることで相手は気分がよくなる

私は、このようなことを頭にいれ、今まで過ごしてきました。おかげで、学生時代常にナンバー1.2に入っていました。

人の話をさえぎらずに聞くことは、相手が気持ちよく最後まで話ができるということ。相手をたててあげるからこそ、相手は気分がよくなります。

友達でも知人でも恋人でも旦那でも、だれに対しても使えることです。自分がされたら嫌なことは決してしない。自分をしっかり持ち、周りに流されない精神を持つこと。

人の話には、自分の知らないことがたくさんあります。相手の話に興味を持ち、お互いの距離を縮めていくこと。自分中心の話をするより、相手に質問されるような人間になることが、人に愛される秘訣だと思います。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です