[子供服にお金がかかること仕方がない]ただ効率よく工夫しないと将来失敗するかも

広告




子育てにおいて意外というほどではないですが、お金がかかるのが「子供の洋服代金」です。我が子が可愛いゆえにブランド・メーカーの高額な衣類をバンバン購入している家庭の話をよく聞きます。また子供成長ははやいので、その度ごとにお金がかかります。

もちろん衣服代にお金をかけることを否定はしません。ただし購入方法や衣類の運用方法をちょっと工夫するだけでコスパよく子供ファッションをたのしめるということは知っていますか?

まだ子供の洋服代にそんなにお金をかけているの?コスパを抑える工夫を凝らすことが大事

子供服は、最近ではたくさんのブランドやメーカーがあるので、一体どのブランドやメーカーを選んだらよいのか迷います。子供の成長は、著しいので、高価な子供服を購入しても、背が伸びて半年後には着られなくなってしまった、といった家庭も多いようです。

兄弟、姉妹のいる家庭ですと、お兄ちゃんやお姉ちゃんの洋服を、下の子がおさがりとして着ることができますが、一人っ子の場合には、1クール着たら、もう着れなくなってしまいます。

子供が小さい時期に洋服代などで、お金をたくさん使ってしまった場合には、子供が中学生、高校生になってから、塾や進学の費用が足りなくなってしまう、といった失敗談もあるようなので注意しましょう。

特に子供が小さい時期、乳幼児から中学校ぐらいまでは、どんどん成長していくので、子供服のおしゃれを楽しみながらも、コスパを抑える工夫を凝らすことが大事です。

実質半額で子供服を購入する仕組み

うちの子は、一人っ子だったので、おしゃれなブランド子供服も、ヤフーオークションを活用したり、その子供服ブランドのシークレットバーゲンに行って購入していました。そして、半年や1年着たら、コンディションが良い場合には、またネットオークションで売ったり、子供服ブランド専用の買い取り業者さんに、売っていました。

例えば、子供服を購入した総額が、2万円だったとします。ネットオークションやリサイクル業者さんで、売れた金額は、およそ1万円ぐらいになるので、もともと安く購入した子供服をリサイクルして、半額の金額をゲットできるといった仕組みです。

リサイクルして売れないような、ノーブランドの子供服などは、親類の家にまとめて送ってあげると、すごく喜んでくれました。

親類の家には、子供がそれぞれ2人ずついたので、4人の子のうち、誰かが着るということで、デザインの好みなどにこだわらずに、快くおさがりを引き取ってくれたのです。

子供服も着れなくなったからと、捨ててしまうのはすごくもったいないので、いろいろな方法でリサイクルをすることをおすすめします。

リサイクル品の扱い・処理に注意

子供服をいつもネットオークションのリサイクル品で揃えていたといったことを、子供が小さい時期に話すと、あちこちの家庭にしゃべってしまうので、ある程度子供が大きくなってから話すのがコツです。

おさがりも、親類が欲しいと言ってから、あげるようにしましょう。いきなり確認もせずに、送り付けるのはNGです。中には、おさがりは嫌い、リサイクル品は苦手といった人もいるようです。

シミや汚れが目立つ洋服をおさがりとしてあげると、不快に思われるので、コンディションが良い物だけを厳選してあげるようにしてください。

普段から、フリマやメルカリ、ネットオークションを活用している家庭であれば、おさがりを喜んでもらってくれる人が多いです。おさがりをあげる時には、きれいに洗濯して、アイロンもかけてあげると、喜ばれます。

子供の洋服代はお金がかかる

子育てのストレスとして多いのが、子供の洋服代にお金がかかりすぎて困るといったことです。でも、子供が、幼稚園や学校で、他の子が着ているのと、同じブランド子供服が欲しい、友達とお揃いのブランド子供服で揃えたいといった場合もあります。

そんな時には、うまくその子供服ブランドの福袋やバーゲンを活用しましょう。

ネットオークションやフリマ、メルカリでも、古着だけでなく、新品や未使用品の物も数多く出品しています。狙いは、年始にあるブランド子供服の福袋をゲットすると、たくさんブランド子供服が入っているので、子供がいつも欲しがっている子供服ブランドの福袋やバーゲン情報を事前に調査しておきましょう。

高価なブランド子供服を着ていないと、幼稚園や学校でいじめられるといった場合には、先生に相談するのがおすすめです。

節約しながら子供のファッションを楽しみたいなら

子供服代を節約しながらも、子供におしゃれなファッションを楽しませたい方は、是非ヤフーオークションやフリマ、メルカリを活用してみてください。正規店で定価で購入するよりは、半額もしくは破格の値段で、ブランド子供服をゲットできます。

ヤフーオークションやフリマ、メルカリを活用していると、着なくなった子供服も出品して、また次の子供服を購入する際の軍資金にすることができます。子供がある程度大きくなって、ヤフーオークションやフリマ、メルカリのシステムについて、だいたい理解できるようになったら、一緒にネットの画面を見ながら、欲しい物をネットを活用して安くゲットする、といったテクニックを披露してあげるのも大事です。子供にもおしゃれをさせてあげながら、なおかつ節約できる術なので、是非、ママ友にも伝授していきましょう。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です