[コールセンターの営業成績の悩み]トーク力を伸ばす方法や仕事のリフレッシュ方法は?

広告




私は営業が苦手で仕方なかったのですが、やってみたことに関しては公開してません。できないからと言って自分を責める必要はなく、これも貴重な経験だったのだと思います。

だからこそ、別に次に選んだ領域でうまくいかなかったとしても「また次があるさ」と思っています。リフレッシュ方法も仕事も、私が納得できる方法を探していくつもりです。

コールセンターという仕事の悩みと営業成績について

私の仕事は、電話でネット回線の契約をとるコールセンターです。会社から渡されたリストに順番に電話していき、ネット回線の営業をします。それを出勤してから就業時間までずっと繰り返すのが主な業務です。

一応、トークのテンプレートもあり、初心者のころはそれに沿って話をします。

電話口での営業は、顔が見えなかったりお客さんの手元に資料がなかったりなど、商品説明に手間がかかるのも事実です。特にネット回線は、料金面が複雑であり、電話口だとなかなか伝わりにくかったりします。そのため、一度のみならず何度も説明の電話をする必要があるのです。お客さんの都合によっては、一か月ほどかけてゆっくりネット回線の料金プランや割引の説明をさせていただきます。

あとは、これまでネット回線の契約が取れたお客さんの傾向を分析して、ターゲットにするリストを選別する業務もあります。

トーク力がなく営業成績が伸びない

悩みは、営業成績が伸びないことです。もう仕事をはじめてある程度期間がたっても、なかなか成績があがらず、会社の仲間たちに非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。多くの先輩方から、契約が取れる方法や心構えを教えていただいて、非常にありがたいかぎりなのですが、どうしても伸ばせないでいるのです。

理由は、電話口での営業の難しさです。正直この部署を選んだのは「電話するくらいなら自分にもできそう」と思ったことがきっかけです。しかしながら、顔が見えない相手に対して営業をかけるというのは思いのほか難しかったのです。

まず、基本的にとりあってもらえません。電話の向こう側にいるお客さんに対して”話を聞く姿勢”を持ってもらうのが、とても大変です。中には営業だと分かった瞬間に、ぶちっと電話を切られる方もいらっしゃいます。

うまくいかないのがつらすぎて会社に行くのが苦痛になっていた時期もあります。

自宅で自主練してみた

当時の自分が解決策として思いついたのが、『自宅で自主練をしてみる』ということでした。どうやって話したらいいか、どういう声色でどういうテンポで話すか、ということについて考えて実践してみました。

何度も工夫して、いろいろな話し方を試し、良さそうなものをスマホに録音していくというのを繰り返したのです。そして録音したものをより改良して、いいものにしていく試行錯誤をしました。

その結果、少しだけ営業の成果をあげることができるようになったのです。しかしながら、会社から提示されているノルマには、程遠かったと思います。

あとは先輩方に相談に乗ってもらうという方法もとりました。会社にはいろいろは先輩がいるので、私と近しい悩みをもっていうる方もいらっしゃったからです。

営業成績から転職も検討

転職は考えました。考えたというより、もう転職すると決めたところです。理由は、シンプルに成績が伸びなかったからというのもありますが、この先もずっとこの職場にいるのは嫌だったのです。別に嫌いな人がいたわけではないのですが、自分は営業に向いていないと思いました。

言い方は悪いですが、営業はある意味「自分たちにとって都合のいいこと」をお客さんに伝える仕事だと思います。仮に不都合なことがあっても「お客さんから聞かれない限りは言わない」というスタンスをとらされることも多く、なんとなく嘘をついているようで嫌だったのです。

ひどい時だと、言い回しを変えてお客さんに商品のネガティブな側面を見させないようにするようなやり方もありました。正直、気分のいいやり方ではなかったと思います。

今は転職先について、明確に考えていないのですが、いわゆる営業以外のものに取り組んでみようと思っています。

リフレッシュ方法は2つ

私のリフレッシュ方法は、趣味に没頭することです。集中している間は、余計なことを考えないですみますし、なにより楽しくて癒しの時間になります。私自身の場合であれば、楽器をすることと対人戦系のゲームをすることです。これらがなければ私の人生は、いったいどこまでつまらなかっただろう、と素直に思ってしまうくらいに大切な趣味です。

あとはストレッチをしたり瞑想したりして、ゆったり過ごすことも大切だと思っています。

上記の没頭系のリフレッシュ方法は、あくまでも”動的”なものです。逆に、ストレッチや瞑想は体を整えたり落ち着かせたりする、副交感神経にいいものになっています。

人間は、自律神経が整っていることが大切だというので、リフレッシュ方法は2種類あったほうがいいと考えています

納得してリフレッシュ

先に上げたとおり、リフレッシュをするためには自律神経を整えることが重要です。動的な交感神経、静的な副交感神経、これらのバランスをとることがポイントになります。

「わざわざリフレッシュするのに、そんな理由はいらない」と思う人にはあまりお勧めできないやり方かもしれません。逆に私のようになにかにつけて「理由や根拠があったほうがいい」と考える人には、おすすめできる方法です。

リフレッシュ方法を作る際に、意識的に動的なものと静的なものを織り交ぜると、体が整う感じがするのです。これは医療的にも証明されていて、そういった研究では自律神経のもつバランスの重要さについて説かれています。

納得してリフレッシュしたい人は、そういう観点をもってみるといいかもしれませんね。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です