[キャノンEOS5Ds]アマチュアからプロまで使える最強のカメラの魅力とは?

広告




キヤノンEOS5Dsレビュー。キヤノンのテクノロジーが満載のフルサイズ一眼レフカメラです。高精細な写真が撮れることと、オートフォーカスの性能が高いところが魅力です。

また、キヤノンには豊富なレンズ群があるため、シチュエーションに応じてレンズが選べるのもメリットと言えます。

[キャノンEOS5Ds]紹介

 

このカメラは、5060万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載しているので、高精細な写真を撮りたい人に向いているカメラです。特に、頻繁に写真を引き伸ばしたりすることが多い人におすすめしたいカメラです。

また、キヤノンの1眼レフカメラの中では、ハイアマチュアの位置付けですので、限りなくプロフェッショナルに近いユーザーにおすすめしたいモデルです。

また、オートフォーカスの追従速度が速いため、スポーツシーンの撮影などに向いています。身近なところでは、子どもの運動会の撮影にも向いています。1眼レフカメラですので、いろいろなレンズと組み合わせられるのが魅力です。一般ユーザーには、広角から望遠まで対応できるズームレンズと組み合わせるのがおすすめです。

キャノンを購入したきっかけ

私がこのカメラを購入しようと思い始めたのは、かつて使っていたカメラが、オートフォーカスが動かなくなってしまい、カメラが壊れてしまったからです。レストアすれば治るとカメラ店にアドバイスをもらってはいましたが、もともと、そのカメラの基本性能に不満を感じていたので、思い切って買い換えることを決心しました。

かつて使用していたカメラもキヤノン製ですので、レンズ資産を活かすために、今回もキヤノン製のカメラを選びました。我が家では写真を引き伸ばして壁に飾ることが多かったので、フルサイズのカメラを探すことにしました。

また、私は天体写真も撮るので、マニュアル設定できるカメラにもこだわりました。キヤノンの一番性能の良いカメラも検討して、EOS-1Dについても見てみましたが、ボディーサイズが大きい上、とても高価でしたので、EOS 5Dsに落ち着きました。

どのようなカメラ?

EOS 5Dsは、キヤノンの中では「ハイアマチュアモデル」に分類されるカメラです。最も優れているところは、CMOSセンサーがフルサイズなことで、その解像度は5,060万画素です。そのため、写真を大きく引き伸ばしたとしても、アラが出ることはありません。

また、オートフォーカスがとても速いところも魅力です。ニコンなどと比較すると、オートフォーカスの速さが格段に速いのがわかります。オートフォーカスが速いことは、モータースポーツ撮影や、子どもの運動会での徒競走時の撮影に役立ってくれます。スイッチ操作で、動画撮影もできるのも魅力的です。動画撮影しながら、静止画写真も取れます。

ISOが100〜6,400まで対応しているので、天体写真などの暗いシーンでもしっかりと撮影できます。オート機能がついている上、マニュアル操作も可能なので、初心者から上級者まで誰でもが納得して使えるカメラです。

子供の行事が楽しみになりました

このカメラを使用し始めてからは、子どもの運動会が楽しみになりました。高速オートフォーカスなので、子どもの徒競走の時も、スムーズに写真が撮れます。セットとして、EF70-300のレンズを購入したので、十分な望遠性能があり、子どもの運動会の組体操なども迫力のある写真を撮れるようになりました。

また、我が家では猫を買っていて、猫の写真を撮ることも多いのですが、動きの速い猫の撮影の時にも、シャッターチャンスを逃さないようになり、とてもよかったと思います。

なお、時にはYouTubeにて地元のお祭りなどの情報をアップロードしているのですが、高解像度の動画が撮影できるため、YouTubeにアップロードする動画のクオリティーも高まりました。

おすすめポイント

このカメラの最大のメリットは、フルサイズなことです。その解像度は5,060万画素もあり高精細な写真を撮れるので、写真を引き伸ばした時にも十分耐えうる写真を撮影できます。また、動画も撮影でき、それも高画質なところが良いです。オートフォーカスが高速なところも良いです。

特に、スポーツ撮影時に役立ってくれます。ISOも最大6,400まで対応しているので、天体写真などの暗い写真を撮る時にも役立ってくれます。ISO感度は自動調整されますが、マニュアルでの制御も可能で、ISO感度を上げることでストロボ要らずで撮影できるのも魅力です。

このカメラには、画質エンジン「Digic」が2つも搭載されていて、撮影シーンなどを自動分析して最良な絞りとシャッタースピードを設定してくれるので、オートで使えば初心者が撮影したとしても、プロが撮ったかのような美しい写真が撮れるのも魅力です。

デメリット

このカメラのデメリットをしいてあげると、ボディーサイズが大きいことです。人混みの中で使用していると邪魔になることもあります。また、カメラ自体が重いこともデメリットと言えるでしょう。旅行の際には、とてもお荷物となります。

小型デジタルカメラとは異なり、いわゆる一眼レフ独特の形をしていますので、収納性が悪く専用のカメラケースを持ち歩く必要があるのも難点です。なお、デジタルカメラとしては少々高額なのもデメリットですが、これだけの高性能を考慮するとしょうがないのかもしれません。

使っていて気になる点は、動画撮影モードにすると同時に、ミラーが跳ね上がってしまい、ファインダーが見えなくなってしまうところが少々使いづらいです。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です