[インド・ヨガ教典]たった1ヶ月で心と体の変化を体験できるからおすすめ

広告




ヨガの哲学を知り、ヨガのそれぞれのポーズの効果を知るには、オススメの本です。実際に、一度、プログラムを組んでもらって、自分で実践して、体験する事をオススメします。

1カ月で身体と心が変わっていくのを、体験できるのは、面白い経験になると思います。

「ヨガに興味あるならおすすめ」ヨガ教典であなたの心と体が変わる?

ヨガに興味があり、本格的に知りたいという人向けです。ヨガの教室は、沢山ありますが、本格的なヨガの教室は、あまりないと思います。この本は、インドでヨガの家系としてヨガを教えている人からヨガを学び、自身もヨガを日本で教えているインド人によるヨガの本質を書いた本です。

ヨガは、身体を動かす事だけではなく、瞑想という目に見えないパワーをも含む、哲学が根底にあり、ヨガをする事で何が得られるかについても言及しています。

一般的な日本のヨガ教室とは違って、個人プログラムがインドでは基本で、個人にインタビューをして、その人に合ったプログラムを組んでもらい、それを毎日家で自分でするという形です。私も、毎日していますが、かなりオススメです。

なぜヨガに興味を持ったのか?

その先生にヨガを教えてもらったのが、きっかけです。もっとヨガについて深く知りたいと思い、本を購入しました。

ただ、この本は、現在は発売されていないため、古書を探す必要があり、高い場合もあります。図書館にもあるので、購入出来ない場合は、図書館の本を読んでみるのをオススメします。本は、写真入りで、ヨガのポーズについて解説していて、効果も書いてあります。

この本だけで、ヨガを始めるのは、ダメだと書いていますが、どんなポーズがあり、どういう効果があるのかを知るにはいいと思います。実際、ヨガをプログラムしてもらって、毎日していますが、1カ月で身体が変わったのを、実感出来ています。

まず、間食が必要なくなり、お菓子を食べなくなりました。それとヨガの効果で、かなりスリムな体形になりました。肉もあまり欲しくくなりました。

ヨガ教典とは?

上記でも説明しましたが、まず、ヨガとはどういうものか、ヨガの哲学についても触れているので、ヨガに興味がある人は、読むことをオススメします。あとは、写真入りで、ヨガのポーズを解説しているため、分かり易いのと、効果についても書いてあるので、どういう効果があるのかも分かり易いと思います。

ただ、本にも書いてありますが、この本だけで、ヨガを自分で始めるのではなく、ちゃんと先生に相談して自分に合ったプログラムを作ってもらって、ヨガを始める事をオススメします。日本にあるヨガ教室をイメージしている人は、ビックリすると思いますが、個人プログラムです。

みんなと一緒に同じヨガを同じ教室でするというヨガではありません。まず、先生と話して、その人の状況により、プログラムを組んでもらいます。ヨガの呼吸についても触れています。

この本を購入してよかったこと

この本を購入して良かった事は、インドヨガについて、理解が深まった事と、さらにヨガに興味が持てた事です。実際にプログラムを組んでもらって、毎日家でヨガをしているので、その効果を自分で毎日実感している状態です。

身体に不調がある人は、まずヨガの先生に相談してみるといいと思います。ヨガで治るかどうかは、相談してみないと分からないですが、実際に病気の人達が相談に来て、その人に合ったプログラムを作ってもらい、実践して、良くなっていっている人達もいるようです。ヨガを毎日するようになって、上記にも書きましたが、まず間食をしなくなりました。

前は、お腹がすいている訳でもなく、ただ間食をする習慣でしたが、ストレスがヨガで軽減されるせいか、間食が必要なくなり、肉もあまり欲しくなくなり、身体もスリムになり、心も軽くなりました。オススメです。

体に不調を感じるならヨガ

上記にも書きましたが、セールスポイントは、身体に不調がある人は、ぜひ一度ヨガの先生に相談して、自分に合ったヨガのプログラムを組んでもらい、毎日ヨガをする事をオススメします。西洋医学では治らない病気も、ヨガで良くなるかもしれません。

とりあえるやってみる事を、オススメします。あとは、ヨガの哲学を知るには、面白い本だと思います。自分でも実際に毎日してみると効果が分かるので、オススメです。メリットは、やはり、身体が変わってくる事です。他のヨガ教室のように、ただ痩せる事にフォーカスしないため、その人にあった、自然な体形になります。

痩せすぎる事もなく、太りすぎる事もない体形という意味です。ヨガは、身体を動かす事だけではなく、呼吸が大切ですので、精神面も落ち着いてくるのが、メリットです。

入手困難な本でもある

この本は、昭和51年に出版された本ですので、手に入りにくいというデメリットがあります。古書を探すしかありませんが、高い場合もあります。図書館にもあるので、購入出来ない場合は、図書館の本を読むのをオススメします。

ただ、ヨガのポーズの解説をしているので、手元に1冊あると便利です。この本の続編”続インド・ヨガ教典”も出ていますが、これも昭和53年に出版されているので古い本になります。今、最度、この続々編を出版してほしいと思います。

ヨガの根底の考え方は、変わらないと思いますが、先生が、年齢を重ね、今の時代に合ったヨガをどう捉えるか、本で読んでみたいと思います。

広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です